米中間選挙 共和党がさらに勢いを増す

米中間選挙の見通しについては、8日に伝えたが、そこで紹介した予測サイト、RealClear Politicsを再びチェックしてみた。その結果が、この下の表だ。※RealClear Politicsの予測の見方については、8日のブログに少し書いたので、ご参考に。

RealClear Politicsの中間選挙予測獲得議席数
【上院】 過半数51
5日18時 7日15時半 15日8時
民主党 44(37,3,4) 44(37,3,4)
共和党 48(46,1,1) 50(46,1,3)
激戦 8 6
【下院】 過半数218
5日18時 7日15時半 15日8時
民主党 206(173,14,19) 205(173,14,18) 205(173,14,18)
共和党 194(161,13,20) 196(161,13,22) 201(161,13,27)
激戦 35 34 29

予想獲得議席数のカッコ内の数字は、当選確率の内訳で「安全圏、優勢、やや優勢」 の順に並んでいる(上院の「安全圏」には非改選議席が含まれている)。

5日と15日の数字を比べると、上院、下院とも明らかに共和党が勢いを増しているのがわかる。上院(100議席、うち35議席が改選)は過半数を制するまであと1議席に迫り、下院(435議席すべて改選)は過半数の行方はまだわからないが、この10日間で民主党が1議席減らしているのに共和党は7議席増やしている。

9月から10月にかけて、トランプ一族の470億円巨額脱税疑惑報道や、ニクソン大統領を辞任に追い込んだ調査報道の旗手、ボブ・ウッドワード記者の政権暴露本がベストセラーになったり、トランプ政権にとっては、かなり痛手と思われることが相次いだが、選挙にはそれほど影響してないようだ。

ただ、予測の内訳をみると、「やや優勢」も獲得議席数に入っているので、まだ流動的だ。

また、カントリーポップ歌手のテイラー・スウィフトが7日、インスタグラムに民主党支持と投票を呼び掛ける投稿をしてから、有権者登録が急増、投稿から72時間以内に全米で30歳以下の36万人超が登録したという(共同通信)。ほとんど民主党に投票するのだろう。

この現象は、保守派をイラ立たせている(東洋経済オンライン)。スウィフトには、1億2000万人のフォロワーがいるそうで、少なく見積もっても、その半分6000万人はアメリカの有権者だろうから、目に見えない影響を及ぼすかもしれない。

スウィフトは、テネシー州の民主党上院、下院候補二人に投票すると投稿している。RealClear Politicsをみると、上院は激戦(Toss Up)だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする